梅雨が明けて暑さが厳しくなってくるこの季節。

メイクをしてキレイに仕上げたはずなのに気がつくと肌がベタついていたりしませんか?

 

とくに紫外線が強くなって汗も一緒に掻いてしまうとメイクが崩れるだけでなく

インナードライによって肌はベタベタしてしまうことに…

 

 

そこで今回は

インナードライに起こりやすい肌のべたつきを抑える方法についてご紹介したいと思います。

 

 

 

美容女子困り顔

私も朝きちんとメイクしてるのにちょっとするとすぐに肌がベタベタしてることがあるんだよね。

 

ネコ

肌がベタベタしているのは肌の内側が乾燥していることがあるかも
にゃ〜

 

美容女子困り顔

肌の内側?
でも元々肌はテカりやすいタイプだし、肌がべたつくのは仕方ないの
かな…

 

ネコ

肌がベタベタしたりするのは元々の肌質だと思っている人も多いけど
実はほとんどが内側が乾燥するインナードライになっていることがあるのにゃ〜

 

 

 

肌がベタついてしまうのは肌質のせい?

 

この時期になるととくに気になるのが肌のベタベタ。

暑くなると汗も一緒に出てくるので余計に肌がベタついてしまうことに!

 

でも部分的にベタベタしやすい混合肌の人や、

全体的にテカりやすい脂性肌の人の場合だと肌質のせいだと思ってしまうこともありますよね。

 

しかし、肌がテカったりベタついてしまう=脂性肌というわけではありません。

 

実は表面上は潤っているようでも肌の内側は乾燥している状態「インナードライ」になっている

可能性も。

 

スキンケアでは肌がベタついてしまうからといって保湿クリームをあまりしていなかったり

また洗浄力の強いクレンジングなどで皮脂を取りすぎてしまうと

肌は余計に皮脂を出してしまうことがあります。

 

肌がベタついているときは皮脂を取り除くだけでなく

インナードライの原因である乾燥から肌を守ることが大切!

 

 

 

美容女子困り顔

そっかー
肌のベタベタは肌質のせいだけじゃなかったんだねー

 

ネコ

普段、肌がベタついてしまう肌質の人だとインナードライだと気づかないこともあるにゃ〜

 

美容女子困り顔

でもインナードライって乾燥しやすい冬に起きる感じがするけど、
夏でも関係しているの?

 

ネコ

冬でもないこの時期にインナードライになりやすい理由を見ていく
にゃ〜

 

 

 

夏の時期は注意!肌がべたつくのはインナードライの証拠?!

 

暑さが厳しい夏は肌が皮脂や汗などでベタベタしてしまって

メイクもすぐによれてしまうし大変ですよね。

 

実は肌がベタベタしてしまうのは汗を多く掻くことでも関係しています。

 

気温が高くなると体は汗を掻きやすくなりますが、

掻いた汗は肌の水分と一緒に蒸発してしまうので、肌の水分が不足してインナードライになって

しまうことも…!

 

また紫外線によって刺激を与えられると肌のバリア機能が低下しやすくなるので肌が乾燥して

しまうことに。

 

 

例えば、紫外線が強い日に外へ出かけるとフェイスラインが痒くなったりすることって

ありませんか?

 

急に痒くなったりする原因は肌のバリア機能が低下しているサイン。

 

バリア機能が低下すると紫外線の刺激によって痒みを起こしやすくなったり乾燥しやすくなって、

潤いから肌を守るために皮脂を過剰に分泌させてしまいます。

 

皮脂の過剰分泌=肌がベタベタしてしまう原因ということなんです!

 

しかし肌がベタベタしていると皮脂を取り除くケアだけを中心にケアしてしまいがちですが、

必要以上に皮脂を取りすぎると肌はますます乾燥してしまい、どんどん皮脂を分泌させてしまい

ます…

また10代の肌と比べ、20代後半にかけては皮脂はどんどん減少していくので

肌のべたつき=インナードライである可能性が高いのです。

 

大事なことは肌がベタついているからといって、皮脂をオフするだけでなく

肌の内側へ潤いを与えるケアを取り入れましょう。

 

 

 

美容女子困り顔

そっかー、冬と比べると夏は汗や紫外線の影響によってインナードライになりやすいんだね。

 

ネコ

さらに夏は室内でエアコンを使用する機会も多くなるから常に乾燥しやすい環境になりやすいのにゃ〜

 

美容女子困り顔

今まで乾燥しやすい冬に特化して保湿ケアを取り入れてたけど、夏こそ保湿をすることが大事なんだね!

 

ネコ

インナードライは夏の季節におきやすいものだからこそ
今のうちにしっかりケアしないと秋を迎える肌が大変なことになるかもにゃ〜

 

 

インナードライは危険!肌のベタつきはこんな肌トラブルを起こす原因にも!

肌がベタついてしまうのはインナードライが原因。

インナードライをそのままにしてしまうと様々な肌トラブルが起きてしまい

秋を迎える肌が大変なことに…!

 

今のうちにチェックをして健康的な肌を目指しましょう。

 

 

 

 

 

ニキビができる

 

肌トラブルの中でももっとも多いのがニキビ。

ニキビは10代にできやすい思春期ニキビと20代以降にできる大人ニキビと言われるものが

あります。

 

思春期ニキビの原因は過剰な皮脂分泌が多いのですが、

大人ニキビで一番多いのがインナードライの原因である肌の乾燥。

 

肌が乾燥すると皮脂を過剰に分泌してしまうため、毛穴に詰まり皮脂をエサにしたアクネ菌が

発生しニキビができてしまいます。

とくに大人ニキビは乾燥などが原因のため、同じ場所に繰り返しできると炎症によって悪化し

ニキビ跡になってしまうことも…

 

ニキビが繰り返しできる場合はまず肌のスキンケアを見直してみましょう。

洗顔をするときにゴシゴシ擦っていないか、

また、洗浄力の強いクレンジングによって必要以上に皮脂を取り除いてしまうと

肌は余計に乾燥しやすくなるので肌の潤いを残すケアへとシフトしていきましょう。

 

 

 

 

肌のキメが荒くなる

 

美肌に見えるポイントといえば、透明感のあるきめ細かな肌!

しかし肌のきめが荒くなってしまうのは年齢だけでなく、インナードライが原因の場合も…

 

インナードライになると肌は皮脂を過剰に分泌。

毛穴に皮脂が詰まりやすくなって古い角質と混ざり合うと角栓へと変化し毛穴を押し広げて

しまうので肌のキメが荒くなってしまいます。

 

インナードライは肌が乾燥しているだけでなく、毛穴のトラブルを招いてしまうので

皮脂を分泌を抑えてくれるビタミンC配合のスキンケアを取り入れるのがオススメ。

 

ビタミンCは皮脂を抑制させるだけでなく、透明感のある肌へと導いてくれます。

 

 

 

 

 

毛穴が詰まりやすくなる

 

赤ちゃんのようなつるんとした毛穴レスの肌は若々しく見えて魅力的ですよね。

毛穴が詰まりやすくなる原因といえば、加齢だけでなくインナードライによっても起こります。

 

皮脂が過剰に分泌されると毛穴に詰まりやすくなるため、古い角質と混ざり合うと角栓へと

変化します。

毛穴が詰まっているようにみえるのは角栓が原因なんです。

さらに角栓は皮脂と古い角質できているので酸化すると毛穴の黒ずみになることも…

 

毛穴の詰まりを放置しているとそこからアクネ菌が繁殖してニキビができてしまうことにもなる

ので皮脂をオフしながら角栓を優しく取り除くケアを取り入れましょう。

 

 

 

 

 

シミができる

 

年齢を重ねるごとに気になるのがシミ。

シミがあるだけで肌は一気に老けた印象になってしまうこともありますよね。

 

シミの原因は肌の乾燥によるターンオーバーの乱れ。

ターンオーバーが乱れやすくなるとシミの原因であるメラニン色素が古い角質として

うまく剥がれないため、肌に残ったままとなりシミが目立ってしまいます。

 

シミ=年齢を重ねたから自然にできるものと思いがちですが

ターンオーバーの乱れを正常化させることでシミやくすみなどもケアすることができます。

 

まずは肌の内側へしっかりと水分を与えてターンオーバーの改善を目指しましょう。

 

 

美容女子困り顔

インナードライってただの乾燥だけじゃなくて、様々なトラブルの原因にもなるんだね。

 

ネコ

冬と比べると夏は汗の水分と一緒に蒸発してしまったり、
紫外線、エアコンなど乾燥しやすい環境になりやすいから皮脂が過剰に分泌されたりして肌トラブルを起こしやすいのにゃ〜

 

美容女子困り顔

じゃあ、肌トラブルを起こさないためにも今からきちんとケアしなくちゃだね!
でも皮脂を取り除きすぎちゃうと余計に乾燥するみたいだし、具体的にどんなケアをしたらいいの?

 

ネコ

じゃあ今からインナードライをケアしながら肌トラブルの原因である
皮脂分泌を抑える方法について見てみるにゃ!

 

 

 

肌のベタベタをなんとかしたい!皮脂を抑えて美肌を目指す方法とは?

 

肌のベタついてしまうのはインナードライになっている可能性があります。

 

インナードライは肌の内側が乾燥しているだけでなく、そこからニキビができてしまったり

毛穴が詰まって肌のキメが荒くなったり、シミができるなど肌が老化する原因になることも…

 

冬と違って夏はインナードライになりやすいからこそ、今きちんとケアをすることが大切!

 

しかし、ただインナードライの原因である肌の乾燥を守ろうとすると

保湿アイテムとして乳液やクリーム美容液などでケアしてしまいがちですが、

どんなにさらっとしたものでも少なからず油分は含まれているので、ベタベタした状態の肌に

乗せてしまうと毛穴は更に詰まりやすくなって肌トラブルを起こしやすくなることも。

 

肌トラブルを起こさないためには保湿ケアと一緒にベタつきを抑えるケアを取り入れましょう。

 

 

そこで肌のベタベタを抑えるものとしてオススメなのが、「VCリッチセラム」

 

「VCリッチセラム」には肌の皮脂を抑制するビタミンCよりも

浸透率が高い新型ビタミンC誘導体と持続型ビタミンC誘導体の2つを配合。

抗菌作用や保湿効果、メラニン抑制効果などがあり

ニキビやシミをできにくくして、肌のハリや透明感のある肌へと導いてくれます。

 

 

そこで「VCリッチセラム」がなぜ肌のべたつきを抑えるのか?こんな3つの特徴があります。

 



 

 

1. 新型ビタミンC誘導体配合で浸透率がアップ!

 

ビタミンCは肌のべたつきを抑えるものとしてよく知られていますが、

ビタミンCは壊れやすく、空気にふれるとすぐ酸化してしまうため肌へ浸透することができません

でした。

 

そこで、ビタミンCを浸透させやすく改良させたものがビタミンC誘導体。

 

よく化粧水などに含まれているものは水溶性のビタミンC誘導体となります。

しかし、新型ビタミンC誘導体は水溶性と油溶性の両方の性質を持つビタミンC誘導体なので

水にも油にも溶けるので肌への浸透率が高くベタつきを抑制してくれます。

また新型ビタミンC誘導体にはアクネ菌にもアプローチしてくれるので

ニキビのできにくい滑らかな肌へと整えてくれます。

 

 

 

2. 持続型ビタミンC誘導体配合で肌のキメを整え透明感アップ!

 

「VCリッチセラム」には新型ビタミンC誘導体の他に持続型ビタミンC誘導体を配合。

持続型ビタミンC誘導体は長時間持続することが特徴。

さらに抗酸化作用もあるので炎症によって残ってしまったニキビ跡やシミへとアプローチ

しながらコラーゲン合成促進作用がによって肌にハリや弾力を与えます。

 

 

 

3. 肌のべたつきだけでなく肌の乾燥にも効果的!

 

ビタミンC誘導体は過剰分泌による皮脂を抑制してくれます。

しかしビタミンC誘導体は濃度が高いと肌が乾燥しやすくなってしまうことも…

 

「VCリッチセラム」はビタミンC誘導体の他にビタミンBも配合されているので

肌のハリや弾力を与えるだけでなく、紫外線によるダメージによる乾燥にも効果的。

 

肌の水分と油分を整えてくれるので健やかな肌を保ちます。

 

 

 

美容女子

皮脂を取りすぎると乾燥しちゃうのが気になってたけど、
「VCリッチセラム」なら皮脂を抑えながら乾燥も防いでくれるから安心だね!

 

ネコ

肌のベタベタは肌トラブルの原因にもなるからキメ細かな若々しい肌を目指すなら、皮脂を抑制するアイテム「VCリッチセラム」がオススメにゃ!

 

美容女子_P

まだまだ暑いけど肌のケアは毎日の積み重ねが肝心!
とくに夏はインナードライによって肌トラブルを起こしやすいから
今のうちにしっかりケアしよう!


スキンケアランキング

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村