梅雨から夏につれて蒸し暑くなったり日差しが強くなってくるこの季節。

肌を触ったときにベタついていたり、ブツブツができてしまっていることはありませんか?

 

とくに気温が高くなったり湿度が高くなるこの時期はゆらぎ肌になりやすいことも…

 

 

前回の記事でもゆらぎ肌についてご紹介しましたが、

ゆらぎ肌が起こる原因=インナードライ肌である可能性があります。

 

 

しかし実はインナードライ肌の状態はゆらぎ肌以外にもメイク崩れや様々な肌トラブルの元と

なってしまうことがあるので、しっかりケアしていく必要があります!

 

そこで今回は、

肌のべたつきやブツブツができやすいインナードライ肌の治し方についてご紹介します。

 

 

美容女子困り顔

しっかりメイクをしても肌ってベタついちゃうことあるよねー
しかも暑くなると汗も掻くから余計にベタつくし、メイク崩れもひどくなるからホント大変。。

 

ネコ

肌がベタつくのはインナードライ肌の可能性があるかもにゃ〜

 

美容女子困り顔

でも私の場合、もともと肌がベタつくからインナードライでは無い気がする…

 

ネコ

実は肌がベタつくっていう理由で自分の肌質を理解していないことも
あるからまずは自分の肌質を見直してみるにゃ〜

 

 

 

夏の時期はとくに注意!肌のベタつきやブツブツは肌質のせい?

 

朝メイクをキレイに仕上げても数時間後には肌がベタついている…

ふと鏡を見るとテカっているようなことはありませんか?

 

肌のベタつきはブツブツなどの肌トラブルになることも…

 

でも、もともと肌がベタつきがちな脂性肌さんだったりすると

ブツブツなどの肌トラブルができても「もともとベタつく肌質だから仕方ない。」と思い込んで

皮脂を取り除くスキンケアアイテムを選んでしまったりしますよね。

 

しかし脂性肌だと思っていても、実はインナードライ肌である可能性もあります。

 

インナードライは、肌の内側が乾燥しているので潤いを保とうと皮脂を分泌させるため

脂性肌だと思って皮脂を取りすぎてしまうと、肌は乾燥から守ろうとさらに皮脂を分泌させて

しまいます。

 

すると過剰に皮脂が分泌された肌はべたついたり、ブツブツなどの肌トラブルを引き起こしてしまうことに…

 

肌がべたつく=脂性肌だと勘違いしてしまうとベタつきを抑えるどころか、逆効果になって

しまうので、ベタつきが改善しない場合はまず自分の肌質を見直してみましょう。

 

 

脂性肌かな?と思う人はこんなことにチェックしてみよう!

 

お風呂上がり後の肌をチェックしてみてこんなことはありませんか?

 

 

→脂性肌さんの肌状態
お風呂から上がると数分後くらいには肌がすでにテカテカしていてベタついている。

 

 

→インナードライさんの肌状態
お風呂から上がった後はベタつきがなく少し肌がつっぱるような感じがする。

 

 

 

インナードライ肌だった場合、脂性肌用のスキンケアアイテムを使い続けていると

さらにベタつきは悪化してしまうので、スキンケアを見直してみましょう。

 

 

まずはいつものケアを見直すだけでも肌のベタつきを十分に抑えることができます。

 

 

 

美容女子困り顔

うーん、私も肌のチェックをしてみたけど
お風呂から上がった後はまだそこまでベタつくことはないかな。

 

ネコ

その場合はもしかしたらもともとベタつく肌質ではなくて、
肌がインナードライになっている可能性があるかもにゃ〜

 

美容女子困り顔

じゃあ、肌がベタつくのってインナードライが原因ってことなんだね。
でも保湿とかはきちんとしているのにどうして起こるの?

 

ネコ

実はインナードライになるのはこんなことが関係しているのにゃ!

 

 

肌がベタベタする!インナードライはどうして起こるの?

肌がベタつく原因である、インナードライ。

インナードライとは、肌の内側である角質層で水分が不足してしまって乾燥しているって

ことなんです。

 

乾燥はお肌の大敵!という言葉があるように保湿ケアはきちんとしている人が多いと思いますが

梅雨時期から夏にかけてはとくにインナードライになりやすいとも言われています。

 

梅雨は湿気が多くなるのでジメジメすると汗を掻きやすくなることも…

汗は肌の水分と一緒に蒸発してしまうので気がつくと肌の内側の水分も不足してしまっている

ことがあります。

 

さらに追い打ちをかけるように、夏はさらに汗を掻きやすくなるだけでなく

外へ出ると紫外線、室内へ入るとエアコンの風によってどんどん肌の水分は蒸発し不足して

しまうことに…

 

肌の水分が不足すると皮脂を過剰に分泌してしまうため、毛穴に詰まるとニキビができて

しまったり酸化すると毛穴の黒ずみへと変化していきます。

 

この時期は肌がテカリやすいので、十分に保湿できていると思ってしまいがちですが、

肌の内側は水分が不足している状態なので保湿ケアの見直しや水分補給、エアコンを調整する

などして肌が乾燥しないようにしましょう。

 

 

 

インナードライは肌の大敵!こんな肌トラブルを起こすことも?

表面がベタついてしまうインナードライは肌の大敵!

インナードライ肌だと知らずに正しいケアをしていないと、こんな肌トラブルを起こすことも…

あなたの肌はこんなトラブル起きていませんか?

 

 

 

 

肌のキメが荒くなる

 

美肌といえば、透明感のあるキメ細かな肌が理想的ですよね。

 

しかし、インナードライになると皮脂を過剰に分泌してしまうので

毛穴に皮脂がつまりやすくなってしまうことに…

 

さらにインナードライはターンオーバーが乱れる原因にもなるので

古い角質が皮脂と混ざり合うと角栓となって毛穴を押し広げてしまいキメが荒くなって

しまいます。

 

インナードライは皮脂の過剰分泌だけでなくそこから毛穴のトラブルにもなってしまうので

キメ細かな肌へと導くためにも余分な皮脂はオフして潤いを与えてあげましょう。

 

 

 

 

 

シミやくすみができる

 

年齢を重ねるごとに気になるのが、シミやくすみ。

シミやくすみがあるだけで肌は一気に老けた印象になってしまいますよね。

いつまでも若々しい肌を目指すには透明感は欠かせません。

 

インナードライを起こした肌は内側が乾燥しているためターンオーバーが乱れてしまうことに…

健康的な肌の場合、シミなどの原因であるメラニン色素が生成されたとしても、

やがて古い角質となって剥がれ落ちていくため肌に残ることはありません。

 

しかしターンオーバーが乱れてしまうと古い角質は剥がれ落ちずに肌へ残ったままとなるので

シミやくすみなどができてしまうのです。

 

シミやくすみを残さないためには、内側へしっかりと水分を与えて水分量を保って

あげましょう。

 

 

 

 

しわができやすくなる

 

肌のしわはあるだけで実年齢よりも高く見られてしまうことがあります。

年齢を重ねるごとにできてしまうものではありますが、

しわができやすい人としわができてもあまり目立たない人っていますよね。

 

肌は乾燥すると肌自体の厚みがなくなりしぼんでいくとやがて隙間ができます。

その隙間からさらに水分が失われると肌は乾燥して固くなることで、しわが作られてしまうのです。

 

しわは深ければ深いほど改善しにくいこともあるので

不足しがちな水分を十分に与えてしわを作らせない肌を目指しましょう。

 

 

 

 

 

たるみができやすくなる

 

肌の弾力をた保つために必要なコラーゲン。

 

しかし、インナードライを引き起こすとターンオーバーが乱れてしまうため

コラーゲンが不足してしまい肌はたるんでしまうことに…

 

さらにコラーゲンは年齢とともに減少してしまいがちなので

大人の肌だからこそ、しっかりと保湿ケアを行う必要があります。

 

肌のたるみがより気になる人には

コラーゲンを手軽に取り入れることができるサプリもオススメ。

 

 

 

美容女子困り顔

インナードライってただの乾燥だと思ってたけど、
それ以外にもシミやしわを作ってしまう原因にもなるんだね。

 

ネコ

インナードライはシミやくすみ、しわなど肌を老化させてしまう原因にもなるから実はすごく重要なものなのにゃ〜

 

美容女子困り顔

そっかー
まだ若いから平気!なんて言ってられないかも…
でも保湿ケアは毎日きちんとしてるつもりなのに、肌がベタつくのは
なぜ?

 

ネコ

それは保湿できてるつもりが実はできていない可能性があるかもにゃ〜
インナードライをしっかり治して肌トラブルのない肌を目指すにゃ!

 

 

 

トラブルのないなめらかな美肌へ!インナードライの治し方とは?

インナードライになると肌がべたつくだけでなく、

シミやくすみ、しわなどの肌トラブルを起こしてしまうことも…

 

インナードライとは肌の内側が乾燥していること!

治すには乾燥を防いでしっかりと保湿することが大切。

 

しかし、普段のスキンケアでも保湿ケアは欠かさずにしているはずなのに

肌がベタついてしまう人は保湿が十分にできていない可能性があります。

 

保湿とは、=肌の水分量を一定に保つこと。

 

湿度が下がってしまうと口や鼻が乾燥してしまうのと一緒で

肌の水分が不足すると潤いを保てなくなるので常に乾燥した状態=インナードライに…

 

インナードライを治すにはクリームや美容液などの油分を含んだもので蓋をするのではなく

水分を十分に保つことができる保湿成分たっぷりの化粧水を選びましょう。

 

 

そこでオススメする化粧水といえば、「ホスピアップ」

 

「ホスピアップ」は保湿機能を高めるアミノ酸が配合されているので

肌のバリア機能を補って乾燥しやすい肌を根本的にケアしてくれます。

 

さらに配合成分の中にはアミノ酸以外にもビタミン、ミネラルなどが含まれているので

保湿機能だけでなく肌の再生機能を高め、年齢によって不足しがちな潤いやハリをアップさせて

くれることも!

 

保湿成分が配合された化粧水といえば様々なものがありますが、

「ホスピアップ」は根本的な保湿ケアにアプローチしたものなのでインナードライが

なかなか治らない人にもオススメ。

 

「ホスピアップ」がなぜインナードライに効果を発揮するのかはこんな3つの特徴があります。

 

 

 

 

 

1. 水分量を増加させる成分で肌の水分をアップ!

「ホスピアップ」にはサッカロミセス溶解質エキスを配合。

サッカロミセス溶解質エキスには肌のバリア機能には欠かせないアミノ酸を17種類も配合されて

いるので、肌の水分量を高めて乾燥肌を根本的にアプローチ。

 

さらにサッカロミセス溶解質エキスはビタミンやミネラルなども豊富なため

肌の再生機能や新陳代謝を高めてくれます。

 

年齢によって肌の再生機能や新陳代謝はどんどん低下してしまうので

高めることによってくすみやシミなどの改善にも繋がります。

 

 

 

2. さらに4つの成分できめ細かな潤いのある肌へ

 

「ホスピアップ」にはグリチルリチン酸、アラントイン、プエラリアエキス、バルミチン酸アスコルビ

の美容成分を配合。

 

乾燥による肌荒れを抑えながら、バリア作用を整えてくれるので

ツヤやハリのあるキメ細かな肌へと導いてくれます。

 

 

 

 

3. 化粧水だけじゃない!ブースター美容液としてもOK!

 

インナードライには保湿成分がたっぷりと含まれたものがオススメ。

しかし、いくら保湿成分が豊富でも乾燥によって肌が固くなっていると浸透率が悪く

十分な効果を発揮できません。

 

「ホスピアップ」は化粧水だけでなくブースター美容液としても使えるので

乾燥によって固くなってしまった肌を柔らかくして成分を浸透しやすくします。

 

ブースター美容液としてプラスすることで

いつものスキンケアアイテムもより高めてくれるので十分な効果を得られることにも!

 

 

 

美容女子

保湿成分のある化粧水だとバリア機能を助けてくれるものがあるけど、肌の水分量を増加させてくれる成分が配合されてるってすごいね!

 

ネコ

肌の水分は年齢によっても低下しやすいものだからただ補うだけでなく
同時に水分量を高めてくれるものでケアすることで潤いアップにも
つながるにゃ〜

 

美容女子困り顔

そっかー
今までクリームなどで肌が乾燥しないようにケアすることを中心にしてたからあまり化粧水とか気にしてなかったかも…

 

ネコ

大人の肌には乾燥は大敵!
だからこそ、様々なアイテムを取り入れるだけでなく、成分に特化したシンプルなケアで美肌を目指してみてにゃ〜

 

 


スキンケアランキング

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村