薄着になる季節になると気になるのが、ムダ毛。

ムダ毛をキレイに処理するなら脱毛サロンへ通ったほうがいいのは分かっているけど

時間もなかなか取れないし、費用も考えると自分で処理すればいいかな…

なんて思っていると、いつの間にかできてしまう黒いブツブツ。

 

ムダ毛処理後にできる黒いブツブツはワキなどに生える太い毛だけでなく

細い毛でもできてしまうことがあるんです。

 

せっかくキレイにしようとムダ毛処理をしたのに黒いブツブツができてしまったら

余計に目立ってしまいますよね…

 

黒いブツブツは見た目だけじゃなく、肌トラブルの原因にもなるのできちんとケアをする必要が

あるんです!

 

そこで
今回はムダ毛処理後にできる黒いブツブツの原因や解消させるケアについてご紹介します。

 

 

美容女子困り顔

私も脱毛サロンへ行きたいとは思ってるけど
通い続けるのが大変そうだからつい自分で処理しちゃうことが多いんだよね〜

 

ネコ

自分で処理するのは手軽にできて簡単だけど黒いブツブツができちゃうこともあるにゃ〜

 

美容女子困り顔

黒いブツブツってどんなもの?

 

ネコ

じゃあ今からムダ毛処理をした後にできる黒いブツブツについて見ていくにゃ!

 

 

 

自分でムダ毛処理をした後にできる黒いブツブツとは?

 

ムダ毛を処理をする方法として、一番手軽にできるのが自己処理。

カミソリやシェーバーなどでムダ毛の処理をしている人も多いのではないでしょうか。

 

脱毛サロンでムダ毛処理をした後の肌はキメ細かく毛穴の跡はほとんど残っていませんが

自己処理をした後の肌は毛穴の中に黒いものが残っていて毛穴が目立ってしまいます。

 

つまり、これが黒いブツブツの正体なんです。

 

カミソリやシェーバーなどでムダ毛処理を繰り返し行うと

毛穴の入り口がどんどん広がってしまいます。

そこへ古い角質や皮脂が混ざり合うと角栓となって酸化すると黒く残ってしまうことに…

 

 

黒いブツブツがあると毛穴が目立ってしまい肌が黒く見えてしまうので

気になってしまいますよね。

 

 

ムダ毛を処理するだけでなく、せっかくなら透明感のある肌を目指しましょう。

そのためにはムダ毛処理後のケアをしっかりと行うことが大切!

 

 

薄い毛や産毛でも黒いブツブツができやすい!

黒いブツブツは角栓が詰まって毛穴が目立ってしまっている状態のこと。

 

よく、太い毛を処理したときに黒いブツブツが残ってしまうのでは?と思われがちですが

実は薄い毛や産毛でも黒いブツブツはできてしまうんです。

 

薄い毛や産毛でも黒いブツブツができやすいとされる場所は大きく分けると3つあります。

 

 

 

 

 

二の腕

 

二の腕は薄い毛や産毛のような薄い毛が生えている場所。

これくらいのムダ毛なら自己処理でもいいかな?と思ってしまいそうですが

実は足と同じく毛根が多いので繰り返し行うことで毛穴が広がってしまうことも。

 

また半袖やノースリーブを着る機会が多くなると

汗や皮脂が毛穴に詰まりやすくなって紫外線を浴びると酸化し黒くなってしまいます。

 

 

 

 

お腹

 

水着を着る季節になると気になるお腹。

お腹周りも毛穴が密集している場所なので産毛が多く生えていることも。

 

カミソリやシェーバーの刃が肌に当たるとダメージが加わってしまい

角質が毛穴に詰まりやすくなって黒いブツブツができやすくなります。

 

カミソリやシェーバーは手軽ですが、肌にとっては負担になりやすいので

自己処理をするときはできるだけ期間を空けてから行いましょう。

 

 

 

 

 

顔にある産毛は肌のトーンが暗く見えるだけでなく

メイクのりも悪くなるのでお手入れをしている人も多いのではないでしょうか。

 

繰り返しの自己処理は肌へのダメージが加わるだけでなく、角質が毛穴に詰まりやすくなったり

肌に毛が埋もれてしまいかえって目立ってしまうことも…

 

産毛を処理した後の肌はとても乾燥しやすい状態になっているので

保湿ケアで肌を保護してあげましょう。

 

 

 

美容女子困り顔

黒いブツブツって太い毛を処理したときにできるものかと思ってたけど
薄い毛や産毛でもできやすいものなんだね。

 

ネコ

黒いブツブツは毛の太さに関係なくできやすいものなんだにゃ〜

 

美容女子困り顔

じゃあ黒いブツブツを作らないためには自己処理はしないほうがいいの?

 

ネコ

できるだけしないほうが肌にはダメージが少ないけど、実は自己処理だけじゃなく他にも原因があるのにゃ〜

 

 

自己処理だけじゃない!黒いブツブツができる原因とは?

カミソリやシェーバーなどで行う自己処理は

産毛のような薄い毛でも肌にとってはとてもダメージが大きいもの。

 

でも、黒いブツブツができるのは自己処理だけが原因じゃないんです。

普段から自己処理を行っている人はぜひチェックしてみましょう。

 

 

 

 

 

埋もれ毛

 

埋もれ毛とはムダ毛の処理によって皮膚内に毛が埋まってしまう状態。

毛穴の中に毛が埋まってしまっているので黒くブツブツしたように見えてしまうことも。

 

埋もれ毛はムダ毛処理を繰り返し行うことで角質が厚くなってしまい

皮膚の中で毛が育ってしまうことが原因だと言われています。

 

健康的な肌の場合、ターンオーバーによって古い角質は剥がれ落ちますが

乾燥などが原因でターンオーバーが乱れると角質は剥がれ落ちずに蓄積されていきます。

 

自己処理をした後の肌はとてもデリケートなので

しっかりと保湿をしてあげましょう。

 

 

 

 

 

肌の乾燥

 

肌は毎日の入浴などで皮脂が洗い流されてしまうと潤いが不足し乾燥してしまいます。

水分が足りていない状態で自己処理を行うと摩擦によってさらに乾燥を引き起こしてしまうので

肌のターンオーバーが乱れ角質が厚くなって毛穴に詰まりやすくなります。

 

皮脂と混ざり合うと角栓となってニキビなどの肌トラブルにもなりやすいので

自己処理をした後はもちろん、普段から保湿ケアを心がけましょう。

 

肌を保湿させることは潤いを保つだけでなく肌のキメが整ったり

透明感のある肌を作ることができます。

 

 

 

 

角質や皮脂が溜まっている

 

黒いブツブツは古い角質や皮脂が混ざり合って角栓となることが原因。

 

自己処理によって角質が溜まりやすくなることもありますが

ターンオーバーの乱れや、毎日の入浴で皮脂がしっかりと洗い流されていないと

黒いブツブツができる原因になることも。

 

角質ケアを取り入れてあげることで黒いブツブツは改善できますが

ピーリングなど刺激の強いものは肌が乾燥しやすくなって必要以上に皮脂を分泌させるので

保湿成分が含まれたものを選ぶようにしましょう。

 

 

 

美容女子困り顔

黒いブツブツができる原因って自己処理だけじゃなくて
様々な原因があったんだね。

 

ネコ

確かに自己処理によってできてしまう可能性はあるけど
肌が乾燥していたり角質が溜まっていたりすると頻繁に自己処理をしていなくても黒いブツブツができてしまうこともあるのにゃ〜

 

美容女子困り顔

そっかー。
でも薄い毛や産毛だけのために脱毛サロンへ行くのはやっぱり面倒だし
できれば自己処理で済ませたいんだけど…
黒いブツブツができないための対策ってないの?

 

ネコ

できるだけ自己処理で済ませたいなら正しいケアが必要にゃ!
今からオススメのケアについて一緒に見てみるにゃ!

 

 

 

自己処理をするとできる!黒いブツブツを解消するためのケア

自己処理によってできてしまう黒いブツブツ。

脱毛サロンでは自己処理は肌にダメージを与えるからできるだけしないでね!なんて

言われることが多いのですが、薄い毛や産毛だけのためにサロンへ通うなんて面倒ですよね。

 

できれば、自己処理で済ませたい!けど黒いブツブツは作りたくない!なんて人へ

自己処理でも黒いブツブツを作らないためのケアについてご紹介します。

 

 

黒いブツブツの原因といえば「角質が厚くなること」「肌が乾燥していること」

 

自己処理によって角質が厚くなったり乾燥しやすくなってしまいますが

肌のターンオーバーを促して正常化させてあげることで

黒いブツブツを作らないようにすることはできます。

 

 

そこで自己処理をした後の肌には2つのケアを取り入れてみましょう。

 

 

 

①古い角質や皮脂汚れは毎日のケアで優しく落とす!

 

汗や皮脂汚れは毎日出ているのに意外と落としきれていないことが多かったりします。

しかも肌のターンオーバーは年齢ともに低下しやすくなるので皮脂汚れと混ざり合うと

角栓となって黒いブツブツの元となってしまうことも…

 

だからこそ、毎日のケアでは汚れを落としてくれるものがオススメ。

 

普通のボディーソープとは違う「デオシークボディーソープ」にはこんな3つの特徴があります。

 

 

デオシーク ボディソープ

 

 

 

1、有効成分配合で皮脂や匂いを元からブロック

 

「デオシークボディーソープ」は有効成分を配合した医薬部外品。

皮脂を抑制する作用があるグリチルリチン酸ジカリウムや

雑菌の繁殖を抑える作用があるイソプロピルメチルフェノールによって

皮脂汚れによる匂いの原因をブロック。

皮脂をコントロールしながら匂いケアができるので夏でも安心!

 

 

 

 

2、4つの天然由来成分でトラブル知らずの肌へ

 

「デオシークボディーソープ」はドクダミエキスやアシタバエキス、クロロフィル、ヨモギエキスを配合。

ドクダミエキスやクロロフィルが菌の繁殖を防ぎながらアシタバエキスが肌の新陳代謝を促して

黒いブツブツの原因となる毛穴詰まりを抑えて清潔な肌へと導きます。

 

 

 

3、肌を優しく包み込む泡で乾燥から肌を守る

 

肌トラブルのない肌は優しく洗いながらも潤いを守ることが大切。

「デオシークボディーソープ」は保湿性に優れたグリコシルトレハロース水添デンプン分解物混

合溶液などを配合。

きめ細かなもちもちの泡が皮脂汚れを優しく包みとりながらも潤いを保ってくれるので

乾燥から肌を守ります。

 

 

 

ネコ

洗浄力が強いものは必要以上に皮脂を洗い落としてしまうから乾燥してしまうにゃ…
「デオシークボディーソープ」は皮脂汚れを落としながらも潤いを保ってくれるから洗うだけで肌ケアができるにゃ!

 

美容女子

ボディソープってどれを使っても同じだと思ってたけど
ちゃんと保湿成分が含まれているものを選ぶことが大事なんだね。

 

 

 

 

②潤いを保ちながらも外部の刺激から肌を守って保護しましょう!

 

肌の乾燥といえば、潤いを保つために乳液やクリームなどでフタをするイメージですが

肌の内側が乾燥していると水分が不足している状態なのであまり効果はありません。

 

また肌の乾燥は紫外線や衣服などの摩擦によってもダメージを受けてしまうので

潤いを保てなくなってしまいます。

 

肌を乾燥から守るためには内側へ水分を与えて保持してくれるアイテムを選びましょう。

内側からしっかりと潤いを保つことができれば紫外線や刺激に負けない肌を作ることができます。

 

 

そこでオススメなのがボディーケアとしても使える「プラクネ」

 

 

「プラクネ」は黒いブツブツだけでなく、背中ニキビなどの肌トラブルにも効果を発揮。

潤いを与えながら保護する方式を採用している「プラクネ」にはこんな3つの特徴があります。

 

 



 

 

 

1.ナノ化成分によって肌の奥からしっかりケア

 

肌の乾燥は内側の水分が不足してしまっていることも…

「プラクネ」にはナノ化させたヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分を配合することで

肌の奥まで水分を届けてくれます。

潤いを保つことで肌トラブルを防いで健やかな肌を作ります。

 

 

 

 

2.高分子成分によって潤いを持続

 

「プラクネ」はヒアルロン酸の2倍の保湿力を持つスーパーヒアルロン酸によって潤いを持続。

水分を与えるだけでなく、一定の水分量を保ってくれるから内側から肌を柔らかくしてくれます。

また2種類のセラミドとコラーゲンによって潤いながらも外部の刺激から肌を守ります。

 

 

 

 

3.潤いベールが肌を守りながらサポート

 

「プラクネ」は高分子のヒアルロン酸によって肌表面に潤いベールを作ります。

肌表面に潤いの膜を作りながら皮膚の乾燥を防いでくれるのでダメージを受けやすい肌を保護

して整えます。

 

 

 

 

ネコ

自己処理後の肌はとてもデリケートだから油分の多いクリームでケアしてしまうと赤みが出てしまうにゃ…
デリケートだからこそ、セラミドやコラーゲンなど肌に優しい成分で
保湿してあげることが大切にゃ〜

 

美容女子困り顔

そっか〜
いくら保湿が大事!っていってもきちんと肌に優しいものでケアして
あげないとなんだね。

 

ネコ

セラミドやコラーゲンは潤いを与えるだけじゃなく肌の内側から水分を保ってくれるから、乾燥を防ぐだけじゃなく透明感のあるキメ細かい肌を作ってくれるのにゃ〜

 

美容女子_P

自己処理をするなら肌を柔らかくしながら潤いを保つケアが大切!
みんなも透明感のあるキメ細かい肌を目指そう!

 

 


スキンケアランキング

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村