冬のような寒さもすっかり無くなり少しずつ暖かくなってきた季節。

でもふと肌を触るとカサカサしていたり、肌がかゆいと感じることはありませんか?

 

 

実はその原因になっているのが、マスク。

 

 

この時期って風邪予防や花粉症対策としてもよく使われていることが多いので

肌が乾燥しやすくなってしまうこともあるんです。

 

 

「保湿ケアをしているのになんで肌が乾燥しちゃうんだろう…」

という人は実はマスクが原因かもしれません。

 

 

肌の乾燥は様々なトラブルを起こしやすくなるので

紫外線が強くなる季節の前にきちんと対策をしておきましょう。

 

 

そこで今回は

何気なく使っているマスクが引き起こす原因や乾燥に負けない肌対策についてご紹介します。

 

 

 

 

 

美容女子

私もマスクってよく使ってるかも!
人混みが多い場所へ行った時に風邪予防としてしてるときもあるし
メイクしてない日でも使ったりしてるかな。

 

ネコ

今はマスクもサイズやカラーが豊富になってたり
女性用マスクとしてメイクが落ちにくいものなどもあるにゃ〜

 

美容女子

でもマスクって乾燥対策にもなるって聞いたことがあるけど違うの?

 

ネコ

確かに空気が乾燥している場所では乾燥対策にもなることはあるけど
肌にはあまりよくないところもあるのにゃ〜
今から一緒に見てみるにゃ!

 

 

 

肌がカサカサする…マスクをすると起きる症状とは?

肌がカサカサする…

保湿ケアをきちんとしているのになかなか改善しない…

 

肌の乾燥は空気が乾燥しているだけでなく、マスクによって起こっている可能性も。

 

あなたの肌はこんな状態になっていませんか?

 

 

 

 

 

 

マスクをすると肌がかゆくなる

 

マスクをしていると肌がかゆくなったりすることはありませんか?

マスクが肌に触れると摩擦を起こしやすくなるので

その刺激によって肌はかゆくなってしまいます。

 

実はかゆみが起こるのは肌のバリア機能が低下している証拠。

バリア機能が低下した肌は水分が蒸発しやすくなるので乾燥してしまいます。

 

かゆくなっているときにはできるだけ掻かないようにしたり

肌へ水分を与えて落ち着かせてあげましょう。

 

 

 

 

 

 

マスクをすると赤みが出やすくなる

 

マスクを外すと肌に触れていた部分が赤くなっていたりしませんか?

摩擦によって刺激が与えられると肌は赤くなってかゆみを引き起こしやすくなることも。

 

とくに不織布のマスクは摩擦を起こしやすいので

肌を掻いてしまうとさらにバリア機能は低下し乾燥しやすくなってしまいます。

 

肌に赤みが出ているときはちょっとした刺激にも敏感になりやすいので

できるだけ触らないようにしたり保湿ケアで肌を表面から保護してあげましょう。

 

 

 

 

 

 

マスクをすると肌が敏感になる

 

普段はなんでもないのにマスクをするとなんだか敏感になっていたりしませんか?

 

肌がかゆくなってしまったり赤みが出てしまうのは

敏感肌の人だけではなく、普通肌の人でも敏感になりやすくなることも。

 

マスクによって肌のバリア機能が低下すると水分が不足してしまうので

いつの間にか肌がカサカサしたり、粉吹きなどによってメイクのりが悪くなってしまうことも

あります。

 

 

マスクをするときはできるだけ肌に優しいものを選んだり

同じものを使い回すと雑菌が繁殖する可能性もあるので定期的に新しいものへ替えるように

しましょう。

 

 

 

 

美容女子困り顔

私もマスクをするとたまにフェイスラインがかゆくなるときがある!
でも今まであまり気にしてなかったんだけど、あれってマスクのせいだったんだね。

 

ネコ

マスクが肌に触れているはかゆくなりやすいのにゃ〜
とくにフェイスラインは皮脂量も少なくて乾燥しやすい場所でもあるから、大人ニキビの原因にもなりやすいのにゃ〜

 

美容女子困り顔

そうなの?!
マスクによってニキビができちゃう可能性もあるのは嫌かも…

 

ネコ

何気なく使っているマスクでも実はこんな肌トラブルを起こしやすいのにゃ〜

 

 

 

 

マスクをし続けると肌トラブルを起こしやすい!

風邪予防や花粉症対策としても多く使われるマスクですが

摩擦を起こすと様々な肌トラブルを引き起こしやすくなることも…

 

あなたはこんな肌に悩まされていませんか?

 

 

 

 

 

 

肌が乾燥しやすくなる

 

マスクをした肌は乾燥しやすくなることがあります。

 

でも、マスクによって覆われた肌は湿度が保たれているから潤いをキープできるのでは?

いう気もしますよね。

 

 

しかし実際は呼吸によって吐いた息が水蒸気となってマスクの中へ充満すると

蒸発したときに肌内部の角質層の水分が奪われてしまうので乾燥を引き起こします。

 

角質層の水分が不足するとバリア機能は低下し肌がかゆくなったりするので

マスクをするときは保湿ケアをたっぷりとしてあげましょう。

 

 

 

 

 

色素沈着を起こしシミやくすみができやすい

 

マスクをした肌はバリア機能が低下してかゆみを起こすことも。

肌がかゆいからといって必要以上に掻いてしまうとメラニン色素を生成し色素沈着の原因になります。

 

 

健康的な肌はターンオーバーの活性化によって新しく生まれ変わりますが、

バリア機能が低下した肌は色素沈着を起こしシミやくすみが肌に残るため老けた印象に…

 

 

シミやくすみを作らせない肌を目指すにはできるだけ刺激を与えないようにしたり

抗酸化作用のあるビタミンCを取り入れてみましょう。

 

 

 

 

 

肌が乾燥するとニキビができやすくなる

 

マスクをした肌はバリア機能が低下しニキビができやすくなります。

 

バリア機能が低下すると肌内部の水分は失われた状態になるので、乾燥から肌を守ろうと

皮脂が過剰に分泌されてニキビができやすくなることも…

 

 

皮脂は肌の潤いを保つために必要な成分ですが、

過剰に分泌されてしまうと毛穴に詰まってニキビなど肌トラブルを引き起こしやすくなるので

乾燥から肌をしっかりと守りましょう。

 

 

 

 

 

美容女子困り顔

マスクって何気なく使ってるけど摩擦によっては
ニキビや毛穴などの肌トラブルにもなりやすいんだね。

 

ネコ

肌内部の水分が失われれることによってバリア機能が低下すると
敏感肌にもなりやすいからいつも使っているスキンケアでさえも刺激を感じやすいのにゃ〜

 

美容女子困り顔

じゃあマスクをするときは保湿ケアをしていれば大丈夫なのかな?

 

 

 

 

マスクだけではない!保湿ケアをしていても肌が乾燥する原因とは?

 

風邪や花粉症、など様々な場面で役立つマスクですが

摩擦によっては肌が乾燥してしまうことも…

 

でも肌が乾燥しやすくなるのはマスク以外にもこんな原因があります。

保湿ケアをしてもなかなか改善しない人はぜひチェックしてみましょう。

 

 

 

 

 

紫外線

 

紫外線といえば、シミやそばかすなどから肌を守るために

紫外線対策をしている人も多いはず。

 

でも、実は肌が乾燥する原因として約80%が紫外線によるものだといわれています。

紫外線による刺激はシミやそばかすなどの元を作るだけでなく、

乾燥によってバリア機能が低下しまうのでシミやそばかすが肌に残りやすくなることに…

 

 

紫外線は美白ケアとしてだけでなく、

肌の潤いを守るケアとしてもきちんと対策をすることが大切!

 

 

 

 

 

睡眠不足

 

忙しいとなかなか取ることができない睡眠。

睡眠不足は肌には良くないというのはよく言われていますが

一体何がよくないのか?というのはあまり知られていなかったりします。

 

美肌を保つためにはスキンケアだけでなく、しっかりと睡眠を取ることも必要なんです。

 

健康的な肌はターンオーバーによって新しい肌が作られますが、

睡眠不足になると成長ホルモンが分泌されなくなってしまうため肌のターンオーバーが乱れて

しまい皮脂を過剰に分泌されて毛穴の詰まりや黒ずみ、ニキビなどができてしまいます。

 

健康的な体を作るために必要な睡眠ですが

美肌を保つためには大切なものなので日々の生活を見直してみましょう。

 

美肌を作るための睡眠は睡眠時間ではなく良質な睡眠を取ることなので

いつもより1時間早くベッドに入るなどちょっとした心がけだけでも変わってきますよ。

 

 

 

 

 

洗顔のしすぎ

 

暑くなると汗や皮脂も出やすくなるので清潔な状態にしようと

ゴシゴシ洗ったり2度洗いをしたりしていませんか?

 

 

汗や皮脂汚れは毛穴に詰まると肌トラブルになりやすいですが

必要以上に洗顔すると肌は乾燥してしまい余計に皮脂を分泌させてしまいます。

 

 

洗顔をするときは汚れを優しく落としながら同時に保湿できるアイテムがオススメ。

 

 

中でもセラミドが配合されているものは肌内部の潤いを保つことができるので

季節によって肌が乾燥しやすい人でも安心して使えます。

 

 

 

 

 

ネコ

マスクは肌が乾燥しやすくなってしまうけど
実は乾燥しやすくなる原因は身近なところにもあるのにゃ〜

 

美容女子困り顔

肌が乾燥していると保湿ケアを中心にしちゃうことが多いけど
乾燥しやすくなる原因を見つけることも大事なんだね。

 

ネコ

肌にはちゃんとバリア機能が備わっているから本来はそこまでケアをする必要もないのにゃ〜
でも環境や加齢、間違ったケアなどによって肌は潤いを保てなくなってしまうのにゃ〜

 

美容女子困り顔

そっかー。
じゃあ乾燥しない肌にするにはどんなケアをしたらいいの?

 

 

 

 

潤いのある肌を目指したい!乾燥に負けない根本的な対策とは?

潤いのある肌は毛穴やニキビができにくくなるだけでなく

ハリや透明感、弾力のある若々しい肌を作ることができます。

 

しかし乳液やクリームなどいつも使っているスキンケアアイテムで保湿をしても

肌の乾燥が気になっていたりしませんか?

 

 

なぜかカサカサしていたり、メイクをすると粉吹きが気になってしまうのは

スキンケアが肌に合わなくなってしまったわけではありません。

 

 

それは何らかの原因で肌のターンオーバーが乱れたり、加齢によって

肌の潤いを保つセラミドが不足してしまったせいなんです!

 

 

セラミドが豊富な肌=潤いのあるなめらかな肌を目指せるということ!

 

 

でも肌のターンオーバーはとてもデリケートで

紫外線や睡眠不足や食生活などの生活習慣によって乱れてやすくなってしまうことも…

 

さらに年齢を重ねるごとにセラミドの生成量は減少していくものだからこそ

外からセラミドを取り入れていくことが大切なんです!

 

 

そこでオススメなのが、「アトピスマイルクリーム」

 

アトピスマイルクリームはただの保湿クリームではなく

ターンオーバーの乱れや加齢によって不足するセラミドを増やしてくれる働きがあるから

肌の内側から潤いを保つことができて根本から肌の乾燥を改善してくれます。

 

そんな「アトピスマイルクリーム」にはこんな3つの特徴があります。

 



 

 

 

1. ライスパワーの力によって健やかな肌へと整える!

ライスパワーとはお米を発酵させたエキスのこと。

その中でもライスパワーNo.11は医薬部外品として肌内部にある水分保持機能が改善すると

許可された唯一の成分。

 

「アトピスマイルクリーム」はライスパワーNo.11によって肌内部までしっかりと浸透し

セラミドを増やしてくれるからバリア機能が整った健やかな肌へと導いてくれます。

 

 

 

 

 

2. 潤いのある肌を自らキープしてくれる!

 

ライスパワーNo.11は皮膚が自ら潤いをキープする水分保持能を改善してくれます。

水分の蒸発を防ぐ保湿剤とは違って、根本から乾燥肌を改善してくれます。

 

 

 

 

 

3. 内側から潤いを保つことで肌トラブルのない若々しい肌へ!

 

普段何気なく行っているスキンケアですが、実は肌の表面である角質層にしか届かないので

根本的に乾燥を防ぐことはできません。

 

しかし潤いが不足した肌はハリや弾力、透明感などが無くなり老けた印象に…

若々しい肌を目指すには内側から乾燥を防いで潤いを保つことが大事!

 

「アトピスマイルクリーム」は皮膚水分保持能を改善させてバリア機能を正常化してくれるから

肌トラブルのない若々しい肌を目指せます。

 

 

 

 

美容女子

肌の乾燥は保湿クリームでフタをすることじゃなくてセラミドを補ってあげることだったんだね!

 

ネコ

保湿クリームでフタをして水分の蒸発を防ぐことも大事なことだけど
保湿する上でもっと大事なことは肌の内側へ水分を与えて保持してあげることなんだにゃ〜

 

美容女子困り顔

そっか〜
肌に水分が足りていない状態でフタをしても乾燥を防ぐことはできないんだね〜

 

ネコ

水分を保つことができるセラミドは潤いのある肌には欠かせないもの!
だからこそ、大人の肌にはセラミドを補うことが大切なんだにゃ〜
肌の乾燥がなかなか改善しない人はぜひ試してみてにゃ!

 

 

 


スキンケアランキング

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村