年齢を重ねるにつれ気になり始めてくる肌の悩み。
昔は全然気にならなかったのに
20代後半を迎えるにつれ様々な肌トラブルに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
その中でも特に気になるのが大人ニキビ。
肌にできると見た目だけでなく気分も憂鬱になってしまいますよね。
大人ニキビの改善にはスキンケアや日々の生活を見直しする必要があります。
まずは大人ニキビができる根本的な原因を知って健康的な肌を目指しませんか?

 

 

大人ニキビが出来る原因とは?

肌トラブルの中で気になるのが大人ニキビ。
大人ニキビは一度できると何度も繰り返しできてしまったり悪化させてしまうと
治りが遅いことから思春期にできるニキビよりも厄介なものとされています。
大人ニキビができてしまう原因は大きく分けて5つあります。

 

 

1.乾燥

大人ニキビができる原因といえば乾燥。
肌の水分量が低下するとバリア機能が乾燥から肌を守ろうと皮脂を過剰に分泌させ肌の角質を厚くするため皮脂と古い角質が毛穴に溜まりやすくなり角栓が作られます。
角栓が作られると毛穴が塞がり皮脂の出口が無くなるので、皮脂を餌にするアクネ菌が繁殖しニキビができます。
ニキビは初期段階のものから炎症を起こすと痛くなったり潰してしまうとニキビ跡の原因にもなるので
ニキビができた場合は注意が必要です。
乾燥は冬だけだと思われがちですが夏でも紫外線やエアコンの影響で肌が乾燥しやすくなるので大人ニキビの改善には肌を乾燥させないようにしましょう。

 

 

2.睡眠不足

一日の終わりには必ず取る睡眠。
あなたは十分な睡眠を取れていますか?
毎日の生活の中で睡眠不足が続くと眠れないことがストレスになってしまい自律神経が乱れます。
自律神経が乱れると女性ホルモンの一種であるプロゲステロンが増加し皮脂を過剰分泌させるので
バリア機能が過剰に反応し角質を厚くして毛穴を塞いでしまうことでニキビができます。
日々の生活の中で睡眠時間を確保することはなかなか難しいことですが、睡眠時間は長く取ればいいというものではありません。
大事なのは短い時間の中でも良質な睡眠を取ることで大人ニキビの改善にも大きく変化していきます。
寝る前にスマートフォンをチェックしている人は液晶から出るブルーライトも睡眠の妨げになるため
せめて寝る30分前には終わらせるようにするなど、できるだけリラックスした状態を心がけてみてくださいね。

 

 

3.食生活

栄養バランスの取れた食事をすることは体だけでなく、美肌を保つためにも大きく関係しています。
炭水化物を抜いたり、野菜中心だけの過度なダイエットは栄養バランスが乱れるだけでなく
ホルモンバランスが乱れる原因にもなります。
ホルモンバランスが乱れると女性ホルモンの一種であるプロゲステロンが増加し皮脂を過剰分泌させるのでバリア機能の影響により角質を厚くして毛穴を塞いでしまいニキビができます。
大人ニキビの改善にはスキンケアだけでなく栄養バランスの取れた食事も取り入れることが大切です。
バランスの取れた食事とは、主食として肉、主菜として魚や大豆製品、副菜として野菜を取り入れることが理想的とされているので、日頃の食生活を見直して内側から大人ニキビの改善を行いましょう。

 

 

4.ストレス

現代社会を生きる上でストレスは常に感じるものであり
ストレスは精神的なものだけでなく体の内側にも影響しています。
日々の生活で様々なストレスを与えられると自律神経の乱れが起こります。
自律神経の乱れが起きると女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌量が減少されるため
皮脂を過剰分泌させ毛穴が詰まりやすくなるので、ニキビが出来やすくなります。
大人ニキビの改善には出来るだけストレスを溜めないように日々の生活を送ることも大切なので
適度な運動を取り入れたりしながらストレスを発散させましょう。

 

 

5.ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスは大人ニキビを改善させる上でとても重要な役割をしています。
大人ニキビは食生活やストレスによってホルモンバランスが乱れることでニキビができてしまいます。
そしてニキビと大きく関わっているのが女性ホルモンです。
女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンと言われる2種類のホルモンがあり、どちらも正常に分泌されることでホルモンバランスを保っています。
特にエストロゲンは肌のハリやツヤ、また髪や爪など女性らしい体づくりをするのに必要不可欠な成分と言われています。
様々な原因によりホルモンバランスの乱れが起きるとエストロゲンの分泌量が減少しプロゲステロンの分泌が増加することで皮脂を過剰に分泌させるため毛穴が詰まりやすくなりニキビができやすい環境を引き起こしてしまいます。
女性ホルモンは20代後半をピークにどんどん減少してくるものなので、上手に付き合っていくことが大人ニキビの改善につながっていきます。
まずはホルモンバランスを正常に保つためにもバランスの取れた食事やストレス、睡眠不足など日頃の生活リズムの見直しをしてみましょう。

 

大人ニキビの一番の原因といえば?

大人ニキビとなる要因は様々なものがありますが、その中でも一番となるのは乾燥。
乾燥は大人ニキビはもちろんのことそれ以外の肌トラブルの原因にもなるので
肌をできるだけ乾燥させないようにすることが大切です。
肌は乾燥することでこんなことが起こります。

 

1.バリア機能の低下

肌が乾燥するとまず起きるのがバリア機能の低下です。
紫外線などの影響によりバリア機能が低下すると肌は外部からの刺激を受けやすくなり
そこへ洗浄成分の強い洗顔料や、スキンケアによる摩擦、角質ケアなどを行うことで
肌は乾燥を引き起こします。
さらに乾燥肌が慢性化することでバリア機能が過剰に反応し肌を守ろうとターンオーバーを促す働きをしますが、そこでできた角質はまだ未熟なためバリア機能としての十分な効果を発揮することができません。
さらに刺激を与え続けることでどんどん未熟な角質が作られるので
バリア機能が十分に機能していない乾燥しやすい肌になってしまうのです。
バリア機能が十分に機能していない肌は大人ニキビだけでなくシミやしわもできやすくなるので
まずはバリア機能を正常化させる必要があります。

 

 

2.皮脂の過剰分泌

肌がベタベタしたりテカリを気にしている人は皮脂の過剰分泌を起こしている可能性があります。
肌は乾燥するとバリア機能が肌の水分量を保とうと皮脂を過剰に分泌させます。
皮脂は肌の乾燥を守るために必要な成分ですが過剰に分泌されてしまうと皮脂が毛穴に溜まりやすくなるため毛穴を塞いでしまい大人ニキビの原因になります。
また毛穴を塞いでしまうとそれが角栓となり酸化すると毛穴の黒ずみへと変化してしまうので
皮脂の過剰分泌を抑制するケアを取り入れると効果的です。

 

 

3.肌が硬くなる

乾燥するとバリア機能は過剰に反応し肌を守ろうと角質を厚くするため肌は硬くなります。
肌が硬くなると水分の浸透力が低下するためいくら高い化粧水や美容液を使っていても
十分な効果を発揮することが出来ません。
また肌は硬くなると古い角質が蓄積されていくので、肌がくすんでしまったりシミができる原因にもなります。
肌がゴワゴワしている状態の時は角質が蓄積されている状態なので
角質を取り除くケアを取り入れると肌へ水分が取り込みやすくなります。

 

 

肌を乾燥させないために気をつけることとは?

大人ニキビの改善には乾燥から肌を守ることが大切です。
肌を乾燥させないように色々とスキンケアアイテムと取り入れていても
そのスキンケア方法が間違っていれば乾燥を防ぐことはできません。
肌はちょっとしたことでも乾燥を引き起こしやすいので、日々のスキンケアを見直してみましょう。

 

 

1. 拭き取りタイプのクレンジングシートは使わない。

拭き取りタイプのクレンジングシートは手軽なだけでなく
ポイントメイクをキレイに落としてくれるので使っている人も多いのではないでしょうか。
しかしメイクの汚れをしっかり取ろうと必要以上にゴシゴシ擦ってしまうのは
肌が乾燥してしまう原因となります。
クレンジングシートを使う時はゴシゴシ擦らずに優しくふき取るようにして
無理な力が加わらないようにできるだけ水分量の多いクレンジングシートを選ぶようにしましょう。

 

 

2. 洗顔は泡で汚れを落とすように優しく洗う。

スキンケアの基本といえば洗顔ですが、正しく洗顔できていますか?
洗顔は力を入れずに泡で汚れを落とすようにして洗います。
泡だけだと本当に汚れが落ちているか不安になってついゴシゴシ洗ってしまいがちですが
ゴシゴシ洗うと肌は摩擦を起こし乾燥してしまいます。
肌が乾燥しないためには弾力のある濃密な泡で優しく洗うようにしましょう。
弾力のある濃密な泡は肌を摩擦から守るだけでなく汚れを吸着してくれるので
力を入れなくても十分に汚れを落とすことができます。

 

 

3. 化粧水は保湿成分が含まれているものを使う。

普段何気なく使っている化粧水。
あなたは自分の肌に合ったものを使っていますか?
肌を乾燥させないためには保湿だけを行うのではなく水分を肌へ取り込んで保つ必要があります。
オススメはセラミドが配合されている化粧水です。
セラミドはバリア機能の役割をする成分であり水分を取り込みながら保持する働きをします。
保湿をする際は水分を与えるだけではなく肌の水分量を保つことが出来るアイテムを取り入れて
肌内部からも乾燥を防ぎましょう。

 

 

4. スクラブが入ったものや洗浄力の強い洗顔料を使わない。

洗顔は肌に付着した汚れや毛穴の中の汚れを落とすために必要なスキンケアです。
しかし毛穴のつまりや黒ずみを取ろうとスクラブ入りのものや洗浄力の強い洗顔料を使っていたりしませんか?
スクラブが入ったものや洗浄力の強い洗顔料は肌の角質を無理に取り除いてしまったり
肌に必要な皮脂まで洗い落としてしまうので肌を乾燥させてしまいます。
また毛穴のつまりや黒ずみは肌が乾燥すると角質を厚くしてしまいさらに毛穴に汚れが溜まりやすくなるので無理に取り除くケアは逆効果なのです。
肌を乾燥させないためには保湿成分が配合されている洗顔料を使いましょう。

 

 

5. 角質ケアをやりすぎない。

夏になるとなんだか肌がゴワゴワしていたりしませんか?
そんな時は角質ケアを行うことで古い角質が取り除かれるため滑らかな肌を取り戻すことが出来ます。
しかし角質ケアをやりすぎてしまうと肌を傷つけるだけでなく肌に必要な角質まで取り除いてしまうのでバリア機能が低下しターンオーバーを促そうと角質を作り出そうとします。
そして作り出された角質は未熟でバリア機能が十分に発揮できないため外部からの刺激を受けやすい水分量の低い肌が作られてしまいます。
角質ケアは古い角質を取り除く効果があり大人ニキビの改善には大切なスキンケアアイテムですが、
やりすぎてしまうと肌が乾燥してしまうので、取り入れる際はあまり力を入れすぎないようにすることや使用後はしっかりと保湿を行いましょう。

 

 

大人ニキビの改善には保湿です!

大人ニキビができる一番の原因は乾燥です。
肌が乾燥しないように保湿ケアを行うことが大人ニキビの改善に繋がります。
乾燥から肌を守るためには日頃のスキンケアが最も重要になるので
保湿ケアアイテムを取り入れて美肌を目指しませんか?
肌を保湿させるにはこんなアイテムがオススメです。

 

 

1. セラミド

セラミドは肌内部にある角質同士を繋げる細胞間脂質の成分であり
肌へ水分を取り込みながら保つ働きがあります。
しかし年齢を重ねるにつれ減少してしまうためセラミドが配合されている化粧水や美容液で
肌へしっかりと取り込んであげることで乾燥を防ぐことができます。

 

 

2. ヒルドイド

ヒルドイドは50年以上前から乾燥肌の保湿治療やアトピー性皮膚炎の治療として使われている医薬品です。
ヒルドイドの成分はへパリン類似物質。
へパリン類似物質は水分を取り込んで保持する働きがあるのでバリア機能が低下してしまった肌を乾燥から守ります。
また肌内部の新陳代謝を促す効果もあるので、根本的な乾燥肌を改善させるだけでなく乾燥予防としての効果もあります。
ヒルドイドは医薬品のため入手するには皮膚科へ行って処方してもらう必要がありますが
最近では薬局でへパリン類似物質が含まれた化粧水やクリームが販売されているので
気になる人はチェックしてみてくださいね。

 

 

3. コラーゲン

コラーゲンは肌のハリを保つだけでなく同時に水分を保つ成分でもあります。
肌は乾燥するとバリア機能が低下しターンオーバーの乱れが起こるとコラーゲンの生成量が減少するためたるみやシワの原因にもなります。
コラーゲンは年齢を重ねるごとに減少してしまうので、生成量を増やすアイテムを取り入れる必要があります。
オススメはビタミンC誘導体が配合された化粧水や美容液。
ビタミンC誘導体はコラーゲンの生成量を増やすだけでなく肌のキメを整えたり過剰な皮脂を抑制する効果もあるので、大人ニキビの改善にも繋がります。

 

 

大人ニキビの改善には保湿ケアを行いましょう。

大人ニキビができる原因は様々なものがありますが
スキンケアや生活習慣を見直すことで十分に改善させることができます。
大人ニキビを改善することは体の内側も改善させることができるので
これをきっかけに健康的な肌を手に入れませんか?