普段何気なく行なっているスキンケア。
そのスキンケアは本当に自分の肌に合ったものを選んでいますか?
毎日欠かさずにスキンケアをしているのに肌荒れやニキビ、毛穴などの肌トラブルに悩まされている人は
日々のスキンケア方法が間違っている可能性があります。
美肌を保つためには日々のスキンケアの積み重ねがとても大切なので
まずはスキンケアの見直しをして肌トラブルに負けない肌を目指しましょう。

肌トラブルを起こす原因とは?

毎日きちんとスキンケアをしているのに
肌荒れやニキビ、毛穴のつまりが気になる…
毎日欠かさずスキンケアをしているのに肌トラブルがあると
メイクのノリが悪くなったり必死で隠そうとすると余計に目立ってしまうので
見た目もあまりよくなかったりしますよね。
まずは肌トラブルを引き起こすとされる原因を知って
それに合った肌ケアを行いましょう。
肌トラブルを引き起こすとされる原因は大きく分けて5つあります。

1、乾燥

通常の肌は肌本来が持っているバリア機能により
肌を乾燥から守ったり外部からの刺激を防ぐ働きをしています。
しかし紫外線などの影響によってバリア機能が低下すると外部からの刺激を受けやすくなるので
洗浄成分の強い洗顔料や摩擦を受けることで肌は過剰に反応し乾燥を引き起こしてしまいます。
さらに乾燥すると肌内部の角質層同士をつなぐ役割をしている細胞間脂質が不足し
角質層同士の間に隙間ができるためしわができます。
しわは一度できるとなかなか治りにくいのでまずはしわができないように乾燥対策を行うことが大切です。

2、ターンオーバーの乱れ

肌はターンオーバーのサイクルによって日々生まれ変わっています。
通常のターンオーバーは肌の角質層で新しい角質が作られると古い角質は剥がれ落ちていきますが
ストレスや睡眠不足などによりターンオーバーが乱れると古い角質が剥がれ落ちずに蓄積されていきます。
古い角質が蓄積されると肌がくすんだように見えたり、毛穴を塞いでしまうので毛穴のつまりが起こります。
できるだけストレスを溜めないように運動を取り入れたり、いつもより少し多めに睡眠時間を取るなどして日頃の生活習慣を見直してみましょう。

3、皮脂の過剰分泌

朝起きると肌がべたついていたりテカリがあるのは肌の内部が乾燥している可能性があります。
肌の水分量が低下するとバリア機能が乾燥から守ろうと過剰に皮脂を出すため肌のベタつきやテカリが起きます。
皮脂は肌の水分を保つためには必要なものですが、皮脂が過剰に分泌されることによって
毛穴に皮脂が溜まりやすくなり古い角質と混ざり合って角栓が作られます。
角栓が作られると毛穴が塞がるので皮脂の出口が無くなり皮脂を餌にするアクネ菌が繁殖することでニキビができます。
さらに角栓はニキビだけでなく酸化すると毛穴の黒ずみの原因にもなるので皮脂の過剰分泌を抑える必要があります。
特に夏は紫外線やエアコンなどの影響により乾燥しやすいので肌の保湿ケアを心がけましょう。

4、ホルモンバランスの乱れ

繰り返しできてしまうニキビはホルモンバランスの影響が関係している可能性があります。
ストレスや睡眠不足、食生活の乱れにより男性ホルモンの分泌が増えると角質を厚くするので
毛穴が詰まりやすくなりニキビができます。
さらに生理前後は皮脂分泌を過剰にするプロゲステロンが分泌されるためニキビが増えやすくなります。
まずは質の良い睡眠をとったり栄養バランスの取れた食生活を取り入れてニキビを発生させないようにしましょう。
また生理前後に肌荒れをしてしまう人は女性ホルモンの一種であるエストロゲンを取り入れることで
肌荒れを改善させることができます。
エストロゲンはサプリメントで気軽に取り入れることができるので肌荒れをしやすい人はチェックしてみてくださいね。

5、紫外線

鏡を見るといつの間にかできているシミ。
シミがあることで老けたような印象を与えてしまうので気になっている方も多いのではないでしょうか。
紫外線を浴びると肌の角質層でメラニン色素が作られ色素沈着することでシミができます。
通常の肌はターンオーバーの働きにより新しい角質が作られると古い角質は剥がれ落ちるのですが
ターンオーバーの乱れが起きるとメラニン色素が作られた角質がうまく剥がれ落ちずに蓄積されていくためシミとなります。
できてしまったシミは新陳代謝をよくすることでターンオーバーの働きを促すことができるので
運動をして汗を掻いたり栄養バランスの整った食事を取り入れて内側から健康的な肌作りを取り入れてましょう。

 

肌トラブルの根本的な原因は主に3つあります。

肌トラブルを引き起こすとされる原因は色々とありますが
根本的な原因が改善されないとさらに肌トラブルを引き起こす原因となる可能性があります。
根本的な原因を改善させて肌トラブルに負けない肌を目指しませんか。
肌トラブルの根本的な原因は主に3つあります。

1、乾燥

肌トラブルを引き起こす原因の中でも最も重要なのが乾燥です。
肌が乾燥するとバリア機能が低下するため乾燥から肌を守ろうと皮脂を過剰に分泌させたり
角質を溜め込んで厚くするので古い角質が蓄積されていきます。
古い角質は毛穴へ蓄積されていくので毛穴のつまりが発生してしまったり
角質がつまったままの状態が続くことで毛穴が広がりやがて毛穴の開きとなります。
普段私たちは水分補給をしているように肌にとっても水分は必要不可欠なものとなるので
外側から水分を取り入れて乾燥させないようにしましょう。

2、ターンオーバーの乱れ

ターンオーバーはバリア機能が低下することでサイクルが乱れます。
バリア機能が低下すると外部からの刺激に対して過剰に反応し
肌を守ろうと新しい角質を作り出そうとしますが、バリア機能が未熟な状態のため
バリア機能が持っている効果を十分に発揮できません。
十分な効果を発揮できないバリア機能は外部からの刺激を受けやすくなり
紫外線を浴びることでメラニン色素が作られシミの元になります。
さらにターンオーバーの乱れが起きるとメラニン色素ができた角質がうまく剥がれ落ちずに
蓄積されていくためシミが肌にできます。
ターンオーバーの乱れはシミだけでなく肌のくすみやたるみの原因にもなるので
肌トラブルを改善させるにはターンオーバーのサイクルを正常化させることが大切です。

3、皮脂の過剰分泌

肌は乾燥するとバリア機能が低下し乾燥から肌を守ろうと皮脂を過剰に分泌させてしまいます。
皮脂は肌の乾燥を保つために必要な成分ですが過剰に分泌されてしまうと皮脂が毛穴に溜まりやすくなり古い角質と混ざり合うことで角栓ができ酸化することで毛穴の黒ずみになります。
そして角栓ができると毛穴が塞がった状態になるため皮脂が溜まってしまい皮脂を餌にするアクネ菌が繁殖することで炎症を起こしニキビができます。
過剰な皮脂は肌トラブルを起こすだけでなくメイクが崩れやすい原因にもなるので
肌をキレイに保つためにも保湿をしっかりと行いましょう。

肌トラブルの根本的な原因はスキンケアで改善できます!

肌トラブルの根本的な原因は本来肌が持っているバリア機能が正常に働いていれば
解決できる問題なのです。
つまりバリア機能を正常化させることが肌トラブルを改善させる近道となります。
そしてバリア機能を正常化させるためには特別なケアをしなくても
基本的なスキンケア方法で十分に改善させることができます。
肌トラブルで悩んでいるならまずはスキンケアの見直しから初めてみませんか。
具体的なスキンケア方法は大きく分けて3つあります。

1、クレンジング

クレンジングは肌表面にあるメイク汚れだけでなく毛穴に詰まった汚れを落とす働きがあります。
特にオイル系のクレンジングはファンデーションの汚れだけでなく落ちにくいマスカラも落とす力がありとても使いやすいですが肌に必要な油分まで取り除いてしまうため乾燥してしまいます。
乾燥すると水分を補おうと余計に皮脂を出すのでいくらクレンジングで落としても皮脂は溜まっていきます。
せっかくクレンジングでキレイにしても皮脂が溜まってしまったら意味がないですよね。
肌の乾燥を防ぐオススメのクレンジングはオイルフリーのクレンジングです。
オイルフリーというと汚れが落ちにくいイメージがありますが、
毛穴の汚れまでしっかりと落としてくれるものや洗い上がりがしっとりとしていたりと
肌に優しい成分が配合されているので敏感肌の方にはオススメです。

2、洗顔

スキンケアをする上で洗顔は最も基本的なものですが、あなたは正しく洗顔できていますか?
洗顔は間違ったケアを行うことで汚れを落とすだけでなく必要な水分まで取り除いてしまいます。
洗顔料は保湿成分が配合されているものを選ぶようにしましょう。
洗浄力の強い洗顔料を使うと肌に必要な水分まで摂りすぎてしまうため乾燥の原因になります。
大切なのは汚れを落としながらも肌を乾燥させないことが重要になります。

ここで洗顔の方法をもう一度おさらいしましょう。

1)まずは肌に優しい洗顔料を泡立てネットでしっかり泡立てる。

2)濃密な泡ができたらTゾーンとUゾーンにそれぞれ泡を乗せる。

3)面積が広い頬から両手で泡を包みこんで摩擦が起きないように優しく洗う。

4)鼻周りや顎は皮脂汚れが溜まりやすいのでゆっくり丁寧に洗う。

5)洗い流す時はすすぎ残しに注意をしてこすらないようにしっかりと洗いましょう。

3、保湿

保湿は肌の水分が蒸発しないように乳液やクリームで蓋をするイメージですが
水分自体が肌内部にしっかりと取り込まれていないと乾燥を防ぐことはできません。
保湿とは水分を取り込みながらも同時に水分量を保つことが大切になります。
オススメは肌へ水分を取り込みながら保持する働きがあるセラミド入りの化粧水です。
セラミドはバリア機能を助ける役割をしているため肌の乾燥を防ぐには最も重要な成分となります。
そしてセラミドは年齢とともに減少するものなので化粧水などのアイテムを取り入れて肌の内側から乾燥を防ぎましょう。

肌トラブルは日々のスキンケアで改善できます!

日々行なっているスキンケアは本当に自分の肌に合ったものを選んでいますか?
毎日欠かさずにスキンケアをしているのに肌荒れやニキビ、毛穴などの肌トラブルに悩まされている人は日々のスキンケア方法が間違っている可能性があります。
美肌を保つには日々のスキンケアがとても大事なので
スキンケアの見直しをして肌トラブルのない美肌を目指しませんか?
肌トラブルの根本的な原因は主に5つあります。

1、乾燥

通常の肌はバリア機能によって肌を乾燥から守ったり外部からの刺激を防ぐ働きをしています。
しかし紫外線などの影響によりバリア機能が低下すると外部からの刺激を受けやすくなり
肌は過剰に反応し乾燥を引き起こしてしまいます。
さらに乾燥すると肌内部にある細胞間脂質が不足し角質層同士の間に隙間ができるためしわができます。
しわは一度できるとなかなか治りにくいのでしわができないように乾燥対策を行いましょう。

2、ターンオーバーの乱れ

ターンオーバーは肌の角質層で新しい角質が作られると古い角質は剥がれ落ちていきますが
ストレスや睡眠不足などによりターンオーバーが乱れると古い角質が剥がれ落ちずに蓄積されていきます。
古い角質が蓄積されると肌がくすんだり、毛穴を塞くことで毛穴のつまりが起こります。
ストレスはあまり溜めないように運動をしたり、睡眠をしっかり取って日頃の生活習慣を見直してみましょう。

3、皮脂の過剰分泌

肌の水分量が低下するとバリア機能が乾燥から守ろうと皮脂を過剰分泌させるため肌のベタつきやテカリが起きます。
皮脂が過剰に分泌されることによって毛穴に皮脂が溜まりやすくなり古い角質と混ざり合って角栓が作られます。
角栓が作られると毛穴が塞がり皮脂が溜まっていくため皮脂を餌にするアクネ菌が繁殖しニキビができます。
角栓は酸化すると毛穴の黒ずみの原因にもなるので皮脂の過剰分泌を抑える必要があります。
特に夏は乾燥しやすいので肌の保湿ケアを心がけましょう。

4、ホルモンバランスの乱れ

繰り返しできてしまうニキビはホルモンバランスの影響が関係している可能性があります。
ストレスや睡眠不足、食生活の乱れにより男性ホルモンの分泌が増えると皮脂を過剰に分泌させ角質を厚くするので毛穴が詰まりやすくなりニキビができます。
ホルモンバランスの乱れは内側からのケアが大切になります。
まずは質の良い睡眠をとったり栄養バランスの取れた食生活を取り入れましょう。
生理前後に肌荒れをしてしまう人はエストロゲンが含まれたサプリメントを取り入れることもオススメです。

5、紫外線

紫外線を浴びると肌の角質層でメラニン色素が作られ色素沈着することでシミができます。
ターンオーバーの乱れが起きるとメラニン色素が作られた角質がうまく剥がれ落ちずに蓄積されていくためシミとなります。
できてしまったシミは新陳代謝をよくすることでターンオーバーの働きを促すことができるので
運動をして汗を掻いたり栄養バランスの整った食事を取り入れて内側から健康的な肌作りを取り入れてみましょう。

 

スキンケアの方法は様々なものがありますが
いくら特別なケアを行ったり高いスキンケアアイテムを取り入れたとしても
日々のスキンケアが間違っていれば十分な効果を得ることはできません。
まずは自分の肌に合ったスキンケアを取り入れて美肌を目指しましょう。